« 2004年2月5日 | トップページ | 2004年2月7日 »

2004.02.06

2004年2月6日

朝 さいたま市の現場に欠陥建物の件で、建築士の先生と現況確認に行く。うーん。相変わらずノーコメントだが、これは...。

事務所に昼に戻り 雑用。
午後3時頃 VC関連の仕事をしているT氏が事務所そばまで見えているとのことで、コーヒーを御一緒する。

事務所に戻り、来週作成する公正証書の準備。委任状に条項添付とのこと。即決和解の相手方委任状のような厳格さだが、よくよく考えると、即決和解でその効力が争われる事案に比べ、公正証書が後に争われる事案の方がはるかに多いと思われる。そのくらいやってもかまわないのかな、いやむしろ必要なことかな と思う。


ベンチャーサポート研究会の次の研究テーマ 投資契約の研究については、法務研究財団に助成願いをすることとした。しかし、財団の事務局員でありながら、法務速報以外遠ざかっていた私(いろいろなことがあると仕事ができなくなるので)。万が一採用された場合、ぐっと引き戻されるのではないかとの危惧もある(笑)。墓穴を掘ったかも。

6日は、実は 日弁連会長選挙 常議員選挙であった。私は前日に不在者投票済み。
日弁連会長については、梶谷剛氏が当選。常議員は当事務所の横内亮二氏当選。

梶谷氏は第一東京弁護士会に所属されている。私が弁護士になる直前、昭和でいうと62年になると思うが、一弁の候補者と東弁の候補者が激しく争ったことがあったらしい。今年度も出身弁護士会だけをみると一弁と東弁だが、当時と異なり、東弁内のいわゆる大派閥は軒並み梶谷氏の応援にまわった。勿論 当時と争点も司法制度改革についての状況も異なる。
私などは、どちらの候補者の主張が正しくてどちらが誤っているのかよくわからないまま、人物評だけで、投票しているような点があり、反省したい。

« 2004年2月5日 | トップページ | 2004年2月7日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ