« 今日のお仕事(2004年3月25日) | トップページ | 今日のお仕事(2004年3月29日・30日) »

2004.03.27

今日のお仕事(2004年3月26日)

午前 建物明渡請求事件の和解期日

昼  不動産取引関係事件の打ち合わせ

午後 法務研究財団の発行する法務速報の打ち合わせ。

夕方 請負代金請求事件の打ち合わせ
本件は建設工事にからむものであるが、この仕事をしていると、請負契約に関しては世の中に契約書を作成しないで大きな取引をしてしまう例が多々あることに驚かされる。法学部で勉強していたときには、少なくとも高額取引では、そんなことはありえないと思っていた。
これに対し、宅地建物取引の場合、宅建業者が媒介または売主として関与すると、宅建業法37条により、契約内容を明らかにした書面を交付する義務があり、契約書作成が一般的であるし、また、判例等も契約書を調印しない場合の宅地建物取引について、契約不成立とするものが多い。
請負についても できれば同様の規制等があった方が紛争は減るとは思うが、特に追加発注についての取り扱いが難しいように思われる。

その後 依頼者と食事。銀座8丁目のなまはげ という店。

法務研究財団の研究公募に前から古田先生たちと実行しているベンチャーサポート研究を申請したところ、採用されることとなった。もとは、私が某弁護士グループの業務研究会の代表世話人をしていた際に始まった研究。良いものになるとよいが。研究の趣旨等をここにアップする。

« 今日のお仕事(2004年3月25日) | トップページ | 今日のお仕事(2004年3月29日・30日) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ