« 今日のお仕事(2004年6月11日) | トップページ | 今日のお仕事(2004年6月14日から16日) »

2004.06.13

今日のお仕事(2004年6月13日)

今日は、法務研究財団主催の法科大学院入学適性試験の試験日。
私は、長年の同財団とのかかわりあいもあり、某大学に設置された会場での試験監理責任者として出勤した。
法科大学院は、今年の4月からスタートしており、適性試験も2年目になる。

法務研究財団は、早い時期から、法科大学院に関する研究、法曹教育に関する研究を実施してきている。
当初、法科大学院、いわゆるロースクールは、現在の司法研修所教育に対峙するかのようなイメージであったが、では、現実に、大学院に実務科教員を招いて、現在の司法研修所と同等以上の教育を実施しようとしても、これは難しいということであったのだと思う、
これは、傍から、研究を眺めていた者の感想に過ぎないが、現実の制度も、法科大学院を卒号して、司法試験に合格すれば、直ちに法曹に就けるという設計ではなく、司法研修所に行ってもらうという制度設計となっている。

そのためには、法科大学院の入学適性試験で良い成績を修め、人気のある法科大学院に合格することが必要になるらしい。学歴を更に偏重する結果となりそうな気もするが、また、法曹に就くまで期間が長すぎ資力に乏しい者は益々法曹は遠くなるような気もするが、高学歴の者や金持ちが、人権感覚に乏しかったり、バランス感覚に欠けていたり、論理的思考を尊ぶ法曹としての資質を欠いていたりということはないであろうから、どのようなシステムになっても、まあ悪くなることはないのかもしれない。

« 今日のお仕事(2004年6月11日) | トップページ | 今日のお仕事(2004年6月14日から16日) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ