« 今日のお仕事(2005年3月7日・8日) | トップページ | 今日のお仕事(2005年3月9日) »

2005.03.08

上場廃止基準

ニッポン放送株のTOB問題で、
フジテレビジョンによるニッポン放送株の株式公開買い付け(TOB)が成功し、フジテレビがニッポン放送の発行済み株式の35%超を取得したことにより、ニッポン放送は東京証券取引所が定める上場廃止基準に抵触し、上場廃止となる可能性が出てきている旨、報道されている。
東証の株式分配に関する上場廃止基準によれば、少数特定者の持株数が上場株式数の75%を超えた場合は、所定の手続きの後、上場廃止となる。少数特定者に株式が集中する場合、そもそも公正なな株価も形成することができなくなり、上場している株式としては、異常な状態となることから、かような規則を置いている。西武鉄道で問題となったのも、かような状態になりながら、それを表面上塗湖していたことにあった。なお、そのほかの基準も含め、東証のサイトに上場廃止基準について一覧表にまとめてあり、大変にわかりやすい。

何度も書くが、ニッポン放送株問題をフォローしていくだけで、商法、証券取引法の大変な勉強になる。
もっとも、本件に関しては、いかなる立場においても全くの部外者なので、このようなのんびりしたことが言っていられるのかもしれないが。

« 今日のお仕事(2005年3月7日・8日) | トップページ | 今日のお仕事(2005年3月9日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13811/3223226

この記事へのトラックバック一覧です: 上場廃止基準:

« 今日のお仕事(2005年3月7日・8日) | トップページ | 今日のお仕事(2005年3月9日) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ