« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.30

今日のお仕事(2005年6月30日)

建物収去の断行に着手。
朝 10時某市の現地に集合し、執行官の指示で、解体業者による建物取り壊しに着手。
途中、某市における別件打合せを経て、再度 解体作業の状況を確認し、夕方帰京。

今日のお仕事(2005年6月29日)

朝 債務整理関連の打合せ
昼 刑事事件打合せ
午後 某社株主総会
夕方 離婚関連打合せ
夜 民事再生関連事案につき再生計画案原案の策定

2005.06.29

今日のお仕事(2005年6月27日・28日)

2005年6月28日
午前 昨日受任した刑事事件について、弁護人選任届を出しに行く。また、勾留状謄本請求。
午後 事務所に戻るまでの間に、勾留状謄本ができているとの連絡。この位早いと非常に気持ちがよい。そして、国選で受けている刑事事件。追起訴が数件あり、本日最後の追起訴分も送達を受けた。次回最後の追起訴分の冒頭手続と検察官立証・弁護人立証。
その足で、事務所には戻らず、朝寄った裁判所に行き、勾留状謄本の受け取りと、勾留決定に対する準抗告申立。ちょっと勾留する案件とは思えなかったことから。
勤務弁護士とともに警察に接見に行き、事実関係と情状関係を再確認。その後現場に行く。雷が凄い。

夜 事務所に戻らず、自宅へ。事務所の某弁護士からメールが入っており、準抗告認められたとのこと。

私は、昭和63年から弁護士をしているので、かれこれ18年目になるが、恥ずかしながら 初めて、勾留に対する準抗告に対して、これを認めていただく決定をいただいた。釈放されるまでの間、はからずも寝てしまい、電話は留守録となってしまったが、依頼者の奥さんからの釈放連絡もいただいた。ちょっとうれしい。
優秀な勤務弁護士にも感謝。

業務としての刑事弁護はほとんどないが、ここのところ、1件くらいは手持ちがあるような感じ。たまには良いこともある。

2005年6月27日
損害賠償事件の現地確認のために、埼玉県某市へ。
午後 離婚関連の打合せ・離婚訴訟1件
近時、離婚事件が多いような気がする。この分野を専門で受けているわけではないのにかかわらず、法律扶助協会等の公的相談にて、離婚の相談が多く、相談のレベルで終わるものも多数あるが、調停・訴訟として受任すべきと思われる案件も多くなっているのではないだろうか?

夕方 刑事事件の依頼 ただちに接見に警察へ。


2005.06.26

今日のお仕事(2005年6月26日)

刑事事件の関係で、接見に行く。
途中、事務所立ち寄り。
日曜ということもあり、基本は休養という感じ。

2005.06.25

今日のお仕事(2005年6月24日)

朝  書面のチェック
午後 共有物分割事件
夕方 司法修習生の修習終了式に出席。
私のところにも、3ヶ月の間、司法修習生が滞在し、指導させていただいた。
指導といっても、格別なことをしたわけではない。大変に優秀な方であったので、起案等をお願いすると、良いものを短時間に仕上げてくるので、知らず知らずに多くのことをさせてしまったようである。本当は体系的に段階を追ってということができるとよかったのだが、そのためには、3ヶ月では短すぎる。もっとも、私が修習生であった頃の4ヶ月でも短いのだが。
司法修習制度は、変革期にあり、少なくとも今の制度はあとわずかで終わる。私は、そもそも司法研修所での司法修習制度自体もいずれなくなるのではとの予想をしているが。それが良いこととは思ってはいないが。
ただ、法曹を養成する手段として、制度が変ろうとも、ほぼマンツーマンでの個別指導という方式はこれに代替するものは余り考えられない。
実際には、指導担当の私と勤務弁護士の2名、更には事務所の他の弁護士、職員にも助けてもらい、何とか、3ヶ月の指導を終えることができた。
懇親会・懇親会2次会を経て、担当修習生と飲みに行き、自宅近くまで送って別れる。後期修習・二回試験を乗り切り、法曹として活躍していただくことを祈念している。

2005.06.23

今日のお仕事(2005年6月23日)

朝 書面などのチェック校正。最近、年のせいか(笑)、朝5時頃目が覚めてしまうので、起きて、仕事をするのが一つのパターンになっている。
午前 交通事故相談センターの交通事故示談あっせん。
午後 建築の瑕疵が問題となっている事案の弁論準備
夕方 青本20訂版の担当部分の原稿関係。
夜   事務所で弁護修習中の司法修習生の送別会。

2005.06.21

今日のお仕事(2005年6月20日・21日)

2005年6月21日
朝 青本の作業
午前 日弁連法務研究財団の事務局会議へ出席。
永い間担当いただいた職員の方が本日で財団から日弁連に戻られる。今まで大変に助かりました。

午後 投資案件についての打合せ


2005年6月20日
朝 日弁連交通事故相談センターの交通事故損害賠償基準(いわゆる青本)の執筆担当部分の執筆に着手。
毎回ご迷惑をかけているので、今回は、早めに動きたい(といいつつ既にご迷惑をかけているような気もする。)。

午後 仮差押準備
夕方 個人の自己破産案件 しばらく前まで、会社を経営されていた方であることもあり、いつものように、打合せ一回で申立まで完成させられない。書類もすぐにはそろわない状況。

2005.06.17

今日のお仕事(2005年6月15日〜17日)

2005年6月17日
建物の瑕疵案件の現地調査。建築士の先生に現場を紹介。
夜 経営者会議。


2005年6月16日
朝 日弁連交通事故相談センター
まだまだ制度が知られていない。
私がこのセンターにかかわるようになったのは、今東弁副会長のとある先輩弁護士の紹介がきっかけ。丁度紹介を受けた頃、交通事故がらみの民暴案件の依頼を受けていた。交通事故被害者が、弁護士に相談できず、示談屋に依頼してしまい、結果、民暴教唆となってしまっていた。被害者側での弁護士が身近にいないことから、被害者が加害者になってしまう事案の経験をしていたことが、交通事故被害者側の相談の多い、交通事故相談センターの相談に加わることにインセンティヴとなった。
ただ、相談を受けていても、相談や示談斡旋を無料で実施するなどの、相談者に有利な仕組みを知らない方が多いことを感じる。もっと、多くの方に利用をしてもらうとよいのでは。もとより、相談にも示談斡旋にも限界はあるが。

午後 法務デューデリジェンスをした企業についての報告。

夕方 相続関連

夜 離婚関連(妻外国人の事案)

2005年6月15日
朝 某警察へ接見。
午後 刑事事件の判決公判。
執行猶予。かなりの回数接見し、心開いてもらうよう努力した、かいあって自分の言葉で為の違法性を分かってくれたと信じている。更生し二度と犯罪にかかわらないでいて欲しい。

2005.06.14

最近のお仕事(2005年6月6日〜6月14日)

日記形式のブログのつもりなのに、往々にして日記も毎日つけられなくなるように、このブログも溜まってしまっている。
さて、
2005年6月14日
午前 自己破産した方の免責審問
午後 法律扶助協会の法律相談。
今日は、珍しい案件が2つもあった。詳細は秘す。
夕方 債権回収関連の打合せ
夕方 とある会社の取締役会へ、
夜  帰ってから、契約書のチェックと内容証明の作成。
(疲れた。)

2005年6月13日
損害賠償請求事件。
PTA関連 掲額式というのをやり、退任会長である私の写真が飾られた。少しというかかなり恥ずかしい。
その後 懇親会。


2005年6月10日
簡裁司法委員

2005年6月9日
午前 清算人業務関連

2005年6月8日
午前 国選事件弁論
午後 宅建業法関連の打合せ


2005年6月7日
午前 建物未払賃料請求事件
午後 個人の破産申立案件の打合せ
夜  会社法の勉強会

2005年6月6日
午前 国選の被告人の接見
午後 刑事事件の弁論
夕方 親族関係

2005.06.03

今日のお仕事(2005 年6月1 日2日

6月となった。あと一ヵ月で今年も半分終わり。
さて、6月1日は、午前は、出張先某支部で弁論。午後はデスクワークで過ごす。夜は事務所内で個人情報保護法の勉強会。
2日。朝打ち合せ。午後、某支部での家事調停。夕方からとある刑事事件の弁論要旨仕上げ作業に着手。

  ★伊豆隆義★
個人サイト
http://hpm3.nifty.com/izutka/

2005.06.02

今日のお仕事(2005 年5月31 日)

今日で5月終了。頭に連休があったこともあり、ハタハタと過ぎていってしまった。
さて今日は、朝、損害賠償の調停。午後は、不動産流通近代化センターの登録講習の講師。
夕方、明日の事件の打ち合せ。思ったより時間かかり、PTA連合会の送別会に間に合わない。2次会から参加。
  ★伊豆隆義★
個人サイト
http://hpm3.nifty.com/izutka/

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ