« 今日のお仕事(2005年9月6日〜8日) | トップページ | 今日のお仕事(2005年9月12日・13日) »

2005.09.13

一昨日の選挙

一昨日の選挙は自民党圧勝。民主党惨敗。

私は、民主党は、解散後の戦略を誤ってしまい、その結果が今回の結果になったと見ている。
それは、争点限定策に対する対応の戦略である。
このことは、ディベートの技術と言う点でも私達が、訴訟で争点整理する上でも参考になるので、忘れない内にメモしておきたい。 
今回の選挙、自民党は郵政民営化を争点とし、これに反対するのであれば、改革自体に反対するも同然との議論の立て方をした。民主党は、論点は、郵政民営化だけではない
との議論の立て方をした。 
しかし戦略上、戦線を拡大させず、すなわち論点は絞った方が、戦線拡大するよりも、遥かに戦い易いであろう。 
民主党も論点を絞るべきだった。例えば、小泉政治継続への賛否など。いやそのような論点も立てていたのかもしれない。しかし多くの有権者にはそうは見えてなかった。
また、民主党自身、本来、郵政民営化に賛成のはずなのに、反対論者と同じくくりをされていることに余り手当をしてこなかったように見える。
訴訟では、争いのない事実は、争点からはずれる。政治における論争にも同じ手法がとれなかったか?郵政民営化に結論においては賛成であることを明らかにし、この問題を
争点からはずすべきではなかったか?

« 今日のお仕事(2005年9月6日〜8日) | トップページ | 今日のお仕事(2005年9月12日・13日) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ