« 中小企業退職金共済による退職金規定を上回る保険金についての返還合意の効力 | トップページ | 2008年の展望と抱負 »

2007.12.31

2007年(平成19年)を振り返って

さて 2007年も今日で終わり。
今年の弁護士としての活動を振り返ると

1 建築関連の案件
  特殊案件として建築審査会関連の建築確認に対する審査請求と取消訴訟案件の仕事があったのは前年度に引き続き。
  2005年(平成17年)に発覚した姉歯建築士事件に端を発した構造計算偽装問題から、国民一般に建築確認がなされている案件であっても正しい建築であるかは分からないとの意識が喧伝されたのではないか。審査請求や取消訴訟は姉歯建築士事件とは異なり、近隣住民からの申立が大半というかほとんど全部であり、構造計算の偽装問題とは法的論点は全く異なるのであるが。
  請負契約に関する案件も相変わらず。

2 建物収去土地明渡事件・建物明渡
  古典的な態様の事件であるが、これも近年多いように思われる。今年も貸主側、借主側の双方からの依頼があった。どちらかというと顧問先等の関連から貸主側からのものが多いのは例年とおり。その中で、借主側からの案件で近年にない形での明渡し事件の依頼があった。未だ継続中なので詳細はかけないが、構造上一棟の建物の明渡しが終わった部分から取り壊しを始めたもの。建物の残部分では、依頼者である賃借人が営業中であり、通常では考えられない態様である。かつて、私が弁護士になりたての20年前には、いわゆる地上屋が跋扈しており、そのような明渡手法を見聞きしたが、バブル崩壊とともに地上屋はいなくなり、このような明渡手法もみられなくなっていた。少なくとも私の周りでは。

3 交通事故関連
  財団法人日弁連交通事故相談センター関連の業務は、平成6年9月に本部嘱託を受けて以来であるので、13年になる。特別な研究を重ねたわけではなく、門前の小僧のようなものだが、おかげで損害賠償の基本的考え方がなんとなく分かってきたような気がする。そこで、昨年から勉強させていただいたことの御礼の気持ちもあり、同支部の委員をやるようになった。今年は、同支部発行の赤い本での休業損害のチームリーダーをやることになり、更に勉強させられた。その関連で親しくさせていただいたK先生は、新聞記者を辞めてロースクール生となった高校後輩のロースクールでの教授でもあり、また、T先生は、現在私のところに実務修習に来ている司法修習生のロースクール時代の教授であるとの因縁もあった。

4 司法修習生の指導
  今年は、3人の司法修習生を指導する機会をいただいた。
  一人目の方は、女性で、有名企業を退社されて旧制度の司法試験に合格。60期。無事、2回試験も合格し、現在、検事に就任。
  二人目の方は、第一回のロースクール卒(既習)での司法試験合格者。60期(一般に新をつけるが、法律上は、新旧の別はないらしい。)。この方も2回試験合格し、来年から 法テラスのスタッフ事務所で弁護士。
  三人目の方は、第二回のロースクール(未習)での司法試験合格者で、61期。任官志望とのとだが、弁護士も視野にいれているらしい。素直で柔軟な思考の方であり、法曹三者のいずれにも向くと思う。従来と異なり、全期修習がないので、その分、大変だと思うが、実務修習を乗り切り、是非、二回試験に合格して、実務で活躍して欲しい。

5 弁護士二十周年
  本年は、弁護士登録をした昭和63年から20年目の年であった。夏には、研修所卒業20年目のイベントもあった。来年は21年目。10年を中期のひとくりぎと考えると、新しい期のスタートの年である。更なる研鑽を重ね、能力の向上をはかりたい。

6 そのほか、東京新都心ロータリークラブでは、出席奨励委員長、プログラム委員。東京弁護士会内にある法曹緑会の幹事長など。

« 中小企業退職金共済による退職金規定を上回る保険金についての返還合意の効力 | トップページ | 2008年の展望と抱負 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ