« 2008年の展望と抱負 | トップページ | 1月15日からのお仕事 »

2008.01.15

2008年1月7日から12日のお仕事

本年の初仕事は、借地非訟関連の打合せであった。昨年、借地非訟を申立て、年末におおきく進捗したことから、報告もかねて今後の進行について打ち合わせしたもの。
また、早速、当番弁護士案件があり、受任した。
その他、建物収去土地明渡事件の打ち合わせ、証人尋問打ち合わせ、相続関連打合せなど。
1月12日(土)には、金沢で、法務研究財団の10周年記念研修会が催され、事務局であることから、金沢に出かけて、研修会を聴講、その後の懇親会にも出席した。
私のところで修習中の修習生が金沢大学ロースクールの出身であり、奥様が金沢在住だることから、帰省をかねて、同行させた。また、小松空港から金沢まで車で送ってもらい、お世話にもなった。著名弁護士や、著名大学教授、そのほか財団での役員の先生方、金沢弁護士会の先生方と懇親の機会があり、修習生にとっても、有意義であればよいのだが。
一泊して翌日帰宅。兼六園を観光した。

研修の概要は
http://www.jlf.or.jp/work/kenshu_81.shtml

(以下引用)
【日 時】 2008年1月12日(土) 13:30~17:30
【場 所】 I Tビジネスプラザ武蔵(金沢駅東口から徒歩10分)
      金沢市武蔵町14番31号/電話:076-224-6340
【参加費】 無料
【講演内容(予定)】

開会にあたって
財団法人日弁連法務研究財団理事長/東京大学名誉教授  新 堂 幸 司

財団研究「民事訴訟法における証人尋問の研究」から 
財団法人日弁連法務研究財団常務理事/東京大学理事・副学長  高 橋 宏 志
【概要】当財団の研究主任であった講師が、その研究での成果、弁護士・裁判官のアンケート等からこれからの証人尋問のあり方について講演します。

不正競争防止法について
日弁連知的財産政策推進本部委員/弁護士  伊 藤   真
【概要】当財団が実施している「知的財産法の実務に関する特別研修」の企画・講師等を行っている講師が、近時の不正競争防止法に関する判例をもとに不正競争防止法の基礎的知識について講演します。

« 2008年の展望と抱負 | トップページ | 1月15日からのお仕事 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ