« 区分所有者による誹謗中傷行為と共同の利益に反する行為 | トップページ | 肖像権侵害が認められる場合とは(ピンクレディ無断写真掲載事件・最判平成24年2月2日) »

2012.12.31

遺留分減殺請求と指定相続分(最決平成24年1月26日)

最決平成24年1月26日判時 2148号61頁
平成23年(許)第25号 遺産分割審判に対する抗告審の変更決定に対する許可抗告事件 (破棄差戻し)

1 遺留分減殺請求により相続分の指定が減殺された場合には,遺留分割合を超える相続分を指定された相続人の指定相続分が,その遺留分割合を超える部分の割合に応じて修正されるとした。

「相続分の指定が,特定の財産を処分する行為ではなく,相続人の法定相続分を変更する性質の行為であること,及び,遺留分制度が被相続人の財産処分の自由を制限し,相続人に被相続人の財産の一定割合の取得を保障することをその趣旨とするものであることに鑑みれば,遺留分減殺請求により相続分の指定が減殺された場合には,遺留分割合を超える相続分を指定された相続人の指定相続分が,その遺留分割合を超える部分の割合に応じて修正されるものと解するのが相当である(最高裁平成9年(オ)第802号同10年2月26日第一小法廷判決・民集52巻1号274頁参照)。」


2 特別受益に当たる贈与についてされた持戻し免除の意思表示が遺留分減殺請求により減殺された場合,当該贈与に係る財産の価額は,遺留分を侵害する限度で,遺留分権利者の相続分に加算され,当該贈与を受けた相続人の相続分から控除される。

「本件遺留分減殺請求は,本件遺言により相続分を零とする指定を受けた共同相続人であるXらから,相続分全部の指定を受けた他の共同相続人であるYらに対して行われたものであることからすれば,Aの遺産分割においてXらの遺留分を確保するのに必要な限度でYらに対するAの生前の財産処分行為を減殺することを,その趣旨とするものと解される。そうすると,本件遺留分減殺請求により,Xらの遺留分を侵害する本件持戻し免除の意思表示が減殺されることになるが,遺留分減殺請求により特別受益に当たる贈与についてされた持戻し免除の意思表示が減殺された場合,持戻し免除の意思表示は,遺留分を侵害する限度で失効し,当該贈与に係る財産の価額は,上記の限度で,遺留分権利者である相続人の相続分に加算され,当該贈与を受けた相続人の相続分から控除されるものと解するのが相当である。持戻し免除の意思表示が上記の限度で失効した場合に,その限度で当該贈与に係る財産の価額を相続財産とみなして各共同相続人の具体的相続分を算定すると,上記価額が共同相続人全員に配分され,遺留分権利者において遺留分相当額の財産を確保し得ないこととなり,上記の遺留分制度の趣旨に反する結果となることは明らかである。」

« 区分所有者による誹謗中傷行為と共同の利益に反する行為 | トップページ | 肖像権侵害が認められる場合とは(ピンクレディ無断写真掲載事件・最判平成24年2月2日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13811/56434407

この記事へのトラックバック一覧です: 遺留分減殺請求と指定相続分(最決平成24年1月26日):

« 区分所有者による誹謗中傷行為と共同の利益に反する行為 | トップページ | 肖像権侵害が認められる場合とは(ピンクレディ無断写真掲載事件・最判平成24年2月2日) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ